人が集まらない

採用難と言われて久しいような気がします。

お客様にも2通りありまして
1.採用以上に辞めている
2.定着は自社で行うから手が回らない

2の場合は、シンプルに取り組めるのですが、1の場合は難しいのです。
経営者や管理職が人に対する考えが薄い場合は特に大変です。

採用方法も変化しているので、それに合わせて企業も変化していかないといけないのですがついていけてないケースもしばしば有ります。そうするとなかなか人は集まらないどころか、退職にも歯止めがかからず悪循環になります。

個人と組織はお互いが存在しなけれな意味を持ちませんので、その相互の関係を理解し、双方の利益の最大化を図る必要があるように思えてなりません。

本当はここにキャリアコンサルタントの出番が有る訳なのですが、どうしても労働者により過ぎるキャリアコンサルタントが多い為に経営者から嫌われがちです。

個人の集合体が組織だと考えれば、コンサルティングしやすいんじゃないかなと思うのは私だけなのでしょうか。。

地元宮城エリアでも人材不足による、機会損失が聞こえる事が増えてきました。
会社経営には人も大切な資産なんですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック